1. トップページ
  2. 売れる仕組みづくり
  3. 見込み客のファン化

見込み客のファン化

見込客を育てていく仕組みを作ろう!

みなさんは、出逢いがあった人たちとの関わりをどうされていますか?

  • 必ず会っている
  • 必ずメールを送っている
  • 必ず手紙やはがきを書いている
  • 何もしていない

いろいろなパターンでコンタクトを取っている人が多いでしょう。
出逢いがあって「今すぐのお客」以外は放置状態になってしまい、二度と会わないケースは身近に山ほどあるでしょう。

しかし、ご縁があった人たちと信頼関係を深める努力をすることで、商売につながらなかったとしても、見えない財産を作ることができますので個人的にはおすすめする努力です。

また、リアルな出会いが無かったとしてもインターネットを通じて、皆さんの会社のHPに訪れたり、目にしている人たちが沢山います。
では、WEBで出会った人たちにはどんなアプローチをしているでしょうか?

お金と時間をかけて作ったWEBシステムでご縁があった人たちを放置状態にしていたら、これも「もったいない」話です。

人と人の出逢いは無限の可能性を作り出します。すべての人と信頼関係を深くするのは非常に難しいことだとは思いますが、細くてもつながり続けることは可能です。

そのことで信頼関係が構築できる可能性も生まれるのです。「人との出会い」これはお互いにとってのチャンスを生み出すスタートラインだと捉えています。

是非、その重要性を理解し、見込客をファンに育てていく仕組みを作っていきましょう。

 

 

 

「売れる仕組み」を循環させる

ページの先頭へ